大切なペットのために。ペット保険の選び方

医療費のためにできること

大切なペットが病気やケガをしてしまったら、動物病院での治療を行いますが、そこで問題が発生することがあります。それは、医療費です。動物の治療は思っていたよりも高額になることがあります。そのため、最近ではペット保険に加入する飼い主さんが増えているのです。ペット保険といっても、取り扱っている保険会社も多くそれぞれに内容に違いがあります。比較して保険を選ぶ必要があるのです。
ペット保険の内容は保険会社が違っても大まかには同じですが、毎月の保険料、入院や手術など保険対象となるもの、補償割合などに違いがあります。販売形式は人間の保険と同じように、代理店型と通販型もあり、保険料に違いが出ます。ペットショップや動物病院で加入できるなども選ぶポイントです。

やっぱり気になるのは金銭面

ペット保険で一番気になるのは、保険料と補償内容ではないでしょうか。補償内容が「入院、手術、通院」を対象としているものや「入院、手術」のみを対象にしているものがあるんです。対象範囲が狭くなると毎月の保険料は安くなり、1000円以下の商品もあります。毎月の保険料が2000円以上の商品では、補償割合が100%というものもあるんです。
保険金の請求方法も保険会社で異なります。飼い主さんが全額支払い、その後領収書や診断書を提出して保険金を受け取る方法や、動物病院と提携している保険会社の場合は保険金との差額を病院に支払う、といった方法があるんです。
比較するポイントは多いのですが、まずは金銭面で無理のないものをピックアップしてみてはいかかでしょうか。