料金だけで決めていいの?ペット保険の選択

ペット保険は「掛け捨て」

ペット保険はペットを飼っている人にとっては身近なもので、加入すると高額になりがちなペットの医療費の負担を軽減することができます。ペット保険は掛け捨てになりますから、加入期間にペットが健康で一度も病院に行かなかったり、行ったとしてもペット保険の対象外となるワクチンの接種などの場合には、ペット保険に加入しても保険料を支払っただけになってしまうともいえます。そのため、保険料が安ければそれでいいと考えてしまう人も少なくないのですが、それだけで加入するプランを決めてしまうのは危険です。保険料が安いペット保険だと、補償の内容が厳しく制限されていることも多く、貰えると思っていたものがもらえないという事態になってしまうこともあります。

チェックしておきたいポイント

ペット保険に加入するときにチェックしたいのは、補償の割合です。治療費として支払った費用のうち、どれだけの割合が保険金として返ってくるのかを表す物ですが、その数字が高いほど多くの補償を得られるといえます。しかしすべての治療が補償されるわけではありませんし、病院に一度も行かなかった場合には高い保険料を支払っただけになってしまいます。見落としがちですが、保険金請求の簡単なところを選択するのも一つの方法です。保険金の請求は飼い主が行わなければいけませんが、その請求方法が難しいものも少なくありません。ペット保険によっては提携の動物病院だと窓口で自動的にペット保険の保険金を引いた金額の請求を行ってくれるものもあり、飼い主の手間も省くことができます