保険内容と料金のバランスでペット保険を決めよう!

料金だけで選ぶと失敗しやすい

ペット保険を扱っている保険会社の数が増えたことは、ペットブームによる影響が大きいです。ペットを動物病院に連れてゆくと、予想よりも遥かに高い診察料に驚くでしょう。窓口負担分をいかに少なく出来るかを考えて、ペット保険を選ぶ時には利便性まで考えなければなりません。保険で賄える割合が50%または70%の商品が一般的ですが、中には90%といったタイプまで登場しています。
しかし、動物病院の窓口で保険証を提示すれば、窓口負担分だけを支払えるタイプのペット保険にしておかなければ、窓口で一旦全額負担することになります。後で纏めて保険会社へ保険金請求を行なう方式を採用している保険会社の方が、保険料に対して保障内容が厚いわけですが、手間が多く掛かるので面倒に感じるでしょう。

保障内容を比べてから選びたい

いざという時に役立つペット保険ですが、保険には必ず免責事項が定められています。人間用の健康保険とは異なり、ペット保険では年間利用回数が制限されていることと、免責金額が設定されていることがよくあるからです。保障内容が多い割に料金が安いケースでは、免責金額が大きく設定されているので、実際の保障内容は50%に満たない結果となることさえあります。
手術を受ける際の費用に対しては、保障額に上限が設定されており、ペットの種類によって適用対象外となる手術内容が定められています。特定の血統のみにみられる疾病については、最初から対象外とすることで保険料を安くしている点に注意しなければなりません。同じ保険料であっても、ペット保険ごとに手厚く保障している部分が異なることに注意が必要です。