大好きなペットの「もしも」に備えたペット保険の選び方

ペットの高寿命化に伴い医療費も高額に

近年は動物医療の高度化や生活環境の向上などによって愛犬や愛猫の高寿命化が進んでいます。それにしたがい、人間と同様に糖尿病やがんなど高度な医療を必要とするペットも増えています。人間の場合は公的な健康保険がありますので本人負担は3割以内で済みますが、ペットの場合は公的な健康保険がありませんので、全額自己負担となります。ですからペットの病気やけがに備えてペット保険の加入を検討する飼い主が増えているのです。
ペット保険に加入できるのは主に犬と猫ですが、保険会社によってはうさぎやハムスター、爬虫類なども加入できる場合があります。ペットの対象年齢や加入時の健康診断の有無なども会社によって異なります。インターネットで申し込みを受け付けている会社も増えており、オンラインで見積もりを依頼することも可能です。

補償内容と保険料のバランスが大切

保険会社を選ぶ際は、補償内容と保険料のバランスを見ることが大切です。ネットには各社の補償内容などがひと目で分かる比較サイトがありますので、一度じっくりと検討してはいかがでしょうか。比較サイトでは保険料の試算が簡単に行えるほか、さらに詳しく知りたい場合は資料請求も可能です。申し込みは各社のホームページのほか、比較サイトから申請することもできます。
保険料はペットの種類や年齢、補償率などによって異なりますが、犬の場合だと小型犬で月々1800~2500円、中型犬で2000円~3000円ほど。猫の場合は2000円前後が一般的です。
ペットの医療費は年間に数万円から多い場合で50万円を超えることもありますので、万一に備えてペット保険の加入を検討してみてはいかがでしょうか。