気になるペット保険があれば、まずはネットでお見積

ペット保険の保障内容は実際のお見積もりをしないと分からない

多くの保険会社から販売されているペット保険には、保障割合が70%と50%のプランが多いです。中には90%や100%という驚くような保障内容が明記されているタイプの保険がありますが、実際に自分のペットに合った保険がどれなのかは、お見積もりをしないと細かい部分まで分かりません。
ペット保険には、基本的な保障だけでなくオプションとして付加契約を付けることでカバー出来る部分が多いです。損害保険と似た考え方で、必要な保障内容を必要な分だけ付けておくことが望ましいので、まずは理想とする保障内容を選んでお見積もりを取得することから始めると良いでしょう。全く同じお見積もりをしたつもりでも、保険会社によって考え方が異なるので、勧められるプランは意外と異なっている可能性が高いです。

比較して初めて理解できるペット保険選び

ペット保険を選ぶ際には、基本的な考え方として相互扶助で成り立っている保険という点を理解しておかなければなりません。人の健康保険は税金で不足分を補填されますが、ペット保険では加入者から集めた保険料とその運用益のみが保障原資となる点に注意が必要です。
各社のペット保険で、保障割合が同じ場合であっても、免責事項に考え方の差が出ています。自身のペットが特有の病気になりやすいことを、ペット保険を比較する際に知るケースが少なくありません。なるべく安い保険料で、多くの保障を付けるために特定の血統にありがちな病気は免責事項に含まれている可能性が高いことを知っておく必要があります。免責事項を比較することが、賢いペット保険選びにつながっています。